【要確認】消費者金融から最短で少額融資を受けるための方法!

  • 「消費者金融で1万とかの少額融資って、相手にしてもらえないでしょ?」
  • 「最短で1万円借りるんだったら、消費者金融のどこが良いの?」
  • 「少額融資でも利息ってかかるの?」

 

スマホで少額融資

 

消費者金融って怖いイメージを持たれている人が未だに多く、少額の融資でも躊躇されているケースがあります。

 

だからといって、他にお金を調達する方法がない状態に陥っており、結局家族や友人に泣きつくしか方法がない…。

 

そんなパターンを繰り返している人も多いようです。

 

しかし、実際には消費者金融は金融庁の管轄のもと、法律に則ったサービス提供が行われています。

 

登録業者であれば、法律内の利息を付けて返済することで、他のレンタル商品などと同じように利用することが可能です。

 

ゲオや蔦屋でDVDを借りて、返済期日内にレンタル料を付けてDVDを返済する。

 

この仕組みと大元は同じですし、返済期日を守って利用すれば誰にも迷惑をかけることもなく、無駄にあなたの携帯や自宅に連絡が入ることなどもありません。

 

レンタルDVDの場合、返済に遅れれば電話がかかってきますが、消費者金融を利用した場合も同じです。

 

催促の電話

 

闇金ならいざ知らず、仮に万が一返済日を間違ってしまった場合などでも、暴力的な取り立てなどは行われません。

 

期日を守って利用すれば、消費者金融から少額融資を受ける事は非常に有益なサービスとなります。

 

このページでは、消費者金融から最短で少額融資を受ける為に大切な条件や方法について解説しています。

 

消費者金融からお金を借りる仕組みがいまいち理解できないって人や、これから利用してみたいと考えている人に役立つページとなっています。

 

該当する人は今すぐ以下を読み進めて下さい。

 

 

少額融資対応キャッシングサービス

プロミス SMBCモビット アイフル

プロミス

最短で少額融資を受けたい人に人気です。初回の人には借入翌日から30日間の無利息サービスも準備されています。「メアドとウェブ明細登録」

SMBCモビット

30代や40代からの借り入れが多いSMBCモビットです。WEB完結なら会社への電話連絡カットで少額融資を受ける事が可能となります。

アイフル

事前に個人情報登録不要で「1秒診断」が受けられます。初めての方には契約日翌日から30日間の無利息サービスが準備されています。

 

消費者金融から少額融資を受ける流れとは?

 

消費者金融から少額の融資を受けるための流れについて、解説したいと思います。

 

ここでは、郵送を使った流れは時間がかかりすぎるため省略させてもらいます。

 

大きく2つの方法があり、それが「WEB完結」と「自動契約機」となります。

 

WEB完結

 

今の時代は、一切をWEBで完結させて少額融資を受ける事が可能となっています。

 

  1. 公式ウェブから審査の申し込み
  2. 必要書類をWEB上で提出
  3. (審査→在籍確認)
  4. スマホ上で電子契約書に同意する
  5. スマホ上から自分の口座への振り込みを依頼する

 

この流れであれば、消費者金融から1万や2万といった少額融資を、人に会うことなく、自宅から外に出ることもなく受ける事が可能となります。

 

自動契約機

 

  1. 公式ウェブから審査の申し込み
  2. 必要書類をWEB上で提出
  3. (審査→在籍確認)
  4. スマホ上で電子契約書に同意する
  5. 自動契約機でローンカードを発行する
  6. ローンカードを使ってATMから出金する

 

自動契約機に足を運び、その中に滞在して審査の申し込みから借入までの全て作業を済ませることも可能です。

 

ただし、自動契約機の中で一連の作業をこなすとなると、審査時間を入れると数時間は必要となります。

 

また、もし必要書類の不備がある場合などは再度取りに帰るなどの手間も発生しますし、長時間自動契約機の中で待つ間は非常に退屈です。

 

分からないことは備え付けの電話でコールセンターに問い合わせる事ができますが、それはスマホからでもフリーダイヤルに問い合わせて質問することが出来ますので、それほどメリットがあるとは言えないでしょう。

 

ご自身のスマホから場所と時間を選ばずに申し込みを済ませるほうが、特別な事情がない限りは圧倒的に効率が良くなります。

 

また、自動契約機は人通りが追い場所に設置されている傾向があり、出入りする姿を行きかう人や車の中から目撃されるリスクもありますので注意しましょう。

 

最短1時間で少額融資を受ける為の条件とは?

 

最短1時間でも申込から融資を実現するためには、以下のような条件をクリアする必要があります。

 

必要書類

 

消費者金融から少額融資を受ける際には、基本は本人確認書類のみで借りる事が可能となっています。

 

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票

 

学生さんや新卒で一人暮らしをはじめたばかりの人などに多いのですが、免許証の住所と現住所が異なる場合については、以下のような書類を追加で求められます。

 

  • 公共料金(電気、水道、ガス)の領収書
  • 国税・地方税の領収書
  • 住民票のコピー

 

最短での少額融資を受ける場合に、現住所と本人確認書類の住所が違う場合は、現住所を証明する書類を準備しておきましょう。

 

また、以下の場合は本人確認書類以外に収入証明書類の提出が必要となります。

 

  • 少額ではなく50万以上の融資を希望する場合
  • 他社借入額が合計100万円を超える場合

 

50万円未満の少額融資であれば、基本的には免許証などの本人確認書類だけで問題ありません。

 

審査時間

 

審査時間は多くの消費者金融が21時や22時と設定されています。

 

今すぐ5万円借りたい時などは、特に審査時間に注意する必要があります。

 

  • プロミス…9時〜22時(契約機によって異なる)
  • SMBCモビット…9時〜21時(契約機によって異なる)
  • アイフル…8時〜22時(契約機によって異なる)

 

申込はWEB上から24時間受け付けられていますが、審査を受けて契約するまでには最短でも1時間程度の時間を要します。

 

そのため、審査時間の受付時間ギリギリに申し込みを入れても、審査が実施されるのは翌営業日となってしまいます。

 

WEB上で申込や必要書類の提出を済ませるのが最も手っ取り早い方法となりますが、その場合でも19時くらいまでには申込&必要書類の提出を済ませておきたいところです。

 

在籍確認

 

安定した収入があるかどうかを判断する審査内容として、在籍確認は必ず実施されます。

 

初回の消費者金融申込で、在籍確認自体を無しに出来るのは、法律を遵守しない違法な業者に限ります。

 

返済能力を測る上で、安定した収入があること、つまりは定職に就いているということは非常に重要な指標となります。

 

働いて安定した収入があるのであれば、その勤務形態(正社員・契約社員・アルバイト・パートなど)は問われません。

 

最短1時間で消費者金融から少額融資を受けたいのであれば、あなたの勤務先への在籍確認の電話が繋がりやすい時間帯に申し込むことが大切になります。

 

つまり、勤務先が休業時間や休業日である場合、消費者金融は在籍確認が取れませんので少額融資を行うことができません。

 

ただし、即日融資に対応している大手の消費者金融であれば、在籍確認の電話を後日にしてくれたり、勤務先に在籍していることの証明が可能な書類を提出することで、在籍確認を完了させてくれる場合があります。

 

この場合には少しコツがありますので、しっかり覚えておいてください!

 

WEB申込をした後に、数分後には本人確認のメールもしくは電話が入ります。

 

このタイミングで、自身でコールセンターに問い合わせてください。

 

そこで、在籍確認の電話が難しいという事情を説明し、最短で借りたいので他の方法で在籍確認をしてほしい旨を伝えるのです。

 

WEB申込をした後に、そのまま放置していると審査は次々と進んでいきます。

 

書類審査や信用情報の審査と段階をクリアしていく中で、在籍確認は最終段階に行われることが多いのですが、この在籍確認をクリアできないために最短での少額融資が不可となってしまいます。

 

在籍確認がスムーズに対応できないという場合には、ウェブ申込後の確認の際に問い合わせをすることを覚えておきましょう。

 

信用情報

 

信用情報とは、個人のクレジットヒストリー(ローンやキャッシング契約の履歴)などの情報をいいます。

 

こういった個人個人の信用情報を管理している機関があり、消費者金融は申し込みがあった段階で必ずこの機関で申込者の情報を参照するようになっています。

 

  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

 

これらの機関に加盟している企業は、個人の情報を共有する形で審査の際に活用しています。

 

金融機関によって、どの信用情報機関に加盟しているかは異なりますので、そこにモレが生じて正確さに掛けるのではないかといった疑念を持たれた方もおられるでしょう。

 

例えば、CICには金融事故の情報があるけど、JICCには載っていない場合などに、消費者金融がJICCだけに問い合わせても事故情報を把握できないといった場合です。

 

しかし、信用情報機関の間では金融事故情報などが共有されるCRIN(クリン)というネットワークが形成されています。

 

そのため、審査に特に重要となるような履歴は、どの機関に問い合わせても把握することが可能な状態が作られています。

 

また、信用情報は勝手に登録したり参照したりすることは出来ませんが、消費者金融と少額融資の申込や契約をする際に、自動的に同意した形となっています。

 

というのも、申込書類には必ず「信用情報の利用や登録に同意する」といった旨が記載されているからです。

 

  • 申込情報…6か月間
  • 契約情報…契約期間中および契約終了から5年以内
  • 事故情報…5年から10年以内

 

滞納などの金融事故を起こすと、その情報はブラックリストとして残されます。

 

そのため、新たなキャッシングやローン契約が一切組めなくなるなどの制約を受ける事になります。

 

また、当然ですがウソの申告(他社借入件数や他社借入残高など)をした場合にも、すぐに虚偽申告であると判明しますので、当然ですが最短で審査に落とされる結果となります。

 

消費者金融と融資契約をする際には、基本スマホや自動契約機の画面との対話となります。

 

この利便性の高さこそが、今では10人に1人が消費者金融を利用しているというほど、広く愛用されるサービスとなっている一因なわけですが…。

 

どうしても人と対面していない状態だと、人間は強気になってしまいがちです。

 

多少の虚偽申告はバレないだろうなどと、変なポジティブ感情に惑わされないように注意しましょう。

 

過去に金融事故を起こしている場合などには、審査通過が厳しくなること、またそれでも申し込む際には下手なウソをつかないことが求められます。

 

消費者金融から少額融資を断られる人の3つの特徴とは?

 

例え少額の融資であったとしても、消費者金融の審査に通過できない人は多数おられます。

 

ここでは、消費者金融から最短での少額融資を断られる人の特徴について3つ取り上げてみました。

 

他社借入

 

すでに他社から借り入れをしている場合には、新たな少額融資であっても断られることがあります。

 

大手にはかつて「3件規制」といったルールが敷かれていましたが…。

 

申込件数は3件を超えると一気に審査通過率を下げてしまう傾向にあります。

 

また、他社借入している場合には総量規制の問題も関係してきます。

 

というのも、真っ当な貸金業者であれば法律に則った経営がなされているわけですが、そうなると総量規制も必ず守られたサービス提供となります。

 

総量規制とは、年収の3分の1以上の貸し付けを行ってはいけないといった法律上のルールです。

 

すでに他社から年収の3分の1近く借入している場合などには、新たな少額融資も不可能となります。

 

他社での借り入れを返済した後などではないと、基本的に総量規制に引っかかるので融資は断られます。

 

短期間申込数

 

金融機関に新規や増額の融資の申し込みをすると、必ず信用情報機関で参照が行われます。

 

この参照された履歴も、新たに最短で信用情報の履歴として追加されるわけです。

 

当然、短期間に複数の金融機関で融資の申し込みをすれば、その情報も各社が把握することとなります。

 

短期間の間に多数の会社に融資の申し込みをするような人に、返済能力が高いといった評価をされるでしょうか?

 

短期間申込者のことを申込ブラックと呼ぶことがあります。

 

消費者金融から最短での少額融資を断られる理由として、短期間での複数社への申し込みが理由の一つとして挙げられます。

 

金融機関への融資申し込みに関する履歴は、基本6か月保持されるといわれています。

 

他社への複数申し込みは、多くても2件までに抑えておいた方が、審査が不利になることを避けるためには重要です。

 

信用取引事故

 

キャッシングは信用取引といわれ、個人の信用に基づいてお金の融資が行われています。

 

お金を借りて、利息を付けて返すという仕組み自体は、基本的にはDVDをレンタルしてレンタル料を払う仕組みと変わりません。

 

しかし、対象が金融商品である以上、その重みが違います。

 

金融取引の履歴は、信用情報機関で厳重に管理され、金融機関が審査の際に参照することは既に解説いたしました。

 

この履歴の中に、以下のような事故情報が載ってしまうと、例え少額融資であったとしても審査に通らない、審査に大きなデメリットとなってしまいます。

 

  • 長期延滞
  • 債務整理
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 代位弁済
  • 強制解約

 

これらの事故情報が信用情報機関に載ってしまうと、少額融資でも消費者金融の審査に通過することは難しくなります。

 

少額融資でも審査は実施!審査の内容とは?

 

消費者金融の審査では、主にどういったことが調査されているのでしょうか?

 

ここでは、消費者金融から最短で少額融資する際に調べられる指標について、大きく3つ取り上げてみたいと思います。

 

  1. 属性スコアリング
  2. 勤務先確認
  3. 信用情報確認

 

属性スコアリング

 

属性スコアリングとは、個人情報をもとに点数化した評点のことをいいます。

 

個人の属性として、例を挙げると以下の通りです。

 

  • 年齢
  • 所有電話
  • 住居
  • 家族構成
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 借入状況
  • 延滞履歴

 

こういった個人の属性に点数をつけて、審査の際に返済能力を測っているわけです。

 

例えば、住居に関すると「持ち家」が最も点数が高く、「賃貸アパート一人暮らし」や「居候」「下宿」といった住居状況だと点数は低くなります。

 

少額融資の際にも、必ず各社独自の属性スコアリングシステムで点数化して、融資対象者かどうかの選別が最短で行われています。

 

勤務先確認

 

勤務先を確認する作業である「在籍確認」は、消費者金融の審査においてマストな作業となっています。

 

会社員やアルバイトなどのお勤めの人であれば、会社に電話確認が行われます。

 

個人事業主やフリーランサーの場合は、事務所の電話もしくは携帯電話にて確認が行われるわけですが、それだと在籍確認として信憑性が低くなります。

 

そのため、別途「収入証明書」などの提出が求められることが多くあります。

 

  • 確定申告書
  • 納税証明書

 

ちなみに、電話で会社に在籍確認を行う際には、個人名での入電であり、用件を他者に伝える事はないというルールが敷かれています。

 

そのため、会社の同僚たちに消費者金融から少額融資を受けているなどといった情報を知られることはありません。

 

また、仮にあなたが電話に出れなかったとしても、「現在、□〇は外出しております」といった返答が得られれば、それで在籍していることを証明するものと判断してもらえます。

 

在籍確認の電話時間は「最短」「最速」が基本となっており、余計な情報を聞き出したり伝えたりといったことは、顧客情報の守秘義務もありますので行われません。

 

ですので、必ずしもあなたが電話に出る必要はありません。

 

信用情報確認

 

上でも少し説明しましたが、信用情報機関に参照することは消費者金融の審査では必ず行われていることです。

 

主に信用情報における「異動情報」と呼ばれる部分を注視しています。

 

信用情報における異動とは、いわゆる事故情報でありブラックリスト情報のことをいいます。

 

ちなみに、JICCが貸金業者、CICがクレジットカード会社、KSCが銀行が主な加盟先となっています。

 

ちなみに、1度うっかり延滞をしてしまった場合など…。

 

誰でも勘違いや凡ミスといったものは起こりえますし、1日だけ延滞してしまったといったケースも考えられます。

 

ただ、ただの1日でも延滞したら信用情報に傷がつくのかというと…、そんなことはありません。

 

基本的に、3か月以上の延滞をした場合に信用情報に「異動」として情報が記載されるようになっています。

 

これは債務整理や自己破産といった大きな金融事故案件になれば、すぐに情報に反映されるでしょうが、数日程度の延滞であればブラックリスト化することはありません。

 

だからといって、数日程度であれば延滞しても良いというわけではないのは、いうまでもありませんね。

 

数日でも延滞すれば遅延損害金が発生しますし、確認の電話もかかってきます。

 

少額融資とはいえ、延滞すれば法にのっとった対応がなされますので、それが嫌だったら返済期日のうっかりミスには気を付けるようにしましょう。

 

消費者金融以外で最短で少額融資する方法とは?

 

少額融資を消費者金融以外で用立てたり場合、人には向き不向きがあります。

 

消費者金融に関して「サラ金」や「街金」と呼ばれていた時代の悪いイメージが先行してしまい、そのマイナスイメージを拭えない人もおられるでしょう。

 

また、消費者金融を闇金と同じだとイメージしている人が未だに多いのも事実としてあります。

 

無人契約機から出入りする人を、犯罪者まがいのような目で見る人も事実、私の知人にはおります。

 

勿論、これらのイメージは飛躍しすぎているというか、間違いであると言い切っても良いでしょう。

 

法律が整備されている現在では考えられないような対応をしていた時代が確かにありましたし、リスクを感じてしまうといった人も一定数はおられるのも仕方ないでしょう。

 

そのため、消費者金融はどうしても使いたくないといった人には、以下のような調達方法がありますのでご紹介したいと思います。

 

クレジットカード

 

クレジットカードには現金を借りれる「キャッシング枠」というものが付随しているケースがあります。

 

これはクレジットカードを作った際に同時に申し込んだ人に付けられている機能であり、もし手持ちのクレジットカードにキャッシング枠がついていれば即日で借入が可能となります。

 

コンビニATMでキャッシュカードから現金を下ろすかのように、すぐに現金を準備できるでしょう。

 

クレジットカードのキャッシング枠は、そもそもが少額融資の設定になっていることが多く、またショッピング枠の中に含まれているケースが多くなります。

 

つまり、ショッピング枠を一杯に利用している場合には、キャッシング枠は残っていませんので注意しましょう。

 

この方法が可能な人は、消費者金融以外から少額融資を最短で受ける方法としては最もカンタンな方法といえます。

 

質屋

 

品物を預けて、その代わりにお金を融資してもらうのが質屋です。

 

借りに返済が出来なかった場合でも、質に預けた品物が返ってこないだけで、信用情報がブラックリスト化するといったことがありません。

 

この際に、預けていた品物は質屋で販売されることになりますが、このことを「質流れ」と呼んだりします。

 

返済できなかったとしても、品物を失うだけというシステムに、メリットがあると感じるかどうかは人それぞれですね。

 

質屋に品物を持って来店すれば、早ければ10分程度で少額融資を実現することも可能です。

 

消費者金融とは違い、利息は月利計算となり割高になりますし、借入期間は基本3か月となっている点が質屋独特であることを覚えておきましょう。

 

日雇いバイト

 

日雇いバイトだと勤務先が変更されやすいこともあって、キャッシングの在籍確認が難しいケースが多くあります。

 

また、収入が安定していないと判断され、少額融資といえども審査に通りにくい傾向にあります。

 

現在、日雇いバイトをしている人は別ですが、そうでないのなら逆に、少額のお金を準備するために数日だけ日雇いバイトをやってみるのも一つの方法でしょう。

 

1日3時間から勤務が可能ですし、同じバイトばかりだとマンネリ化して飽きてしまうといったことも避けられる、日雇いバイトにはそんなメリットもあります。

 

日雇いバイトの始め方としては、求人サイトで日雇いバイトと検索すれば山ほど求人が出てきます。

 

力に自信がある人なら引っ越し系バイト、他にはイベント系のバイトだったり、コミュニケーションを避けたい場合には倉庫内軽作業といったバイトもあります。

 

消費者金融以外から少額のお金を調達したい場合には、こういった短期の日雇いバイトを活用してみるのも一つの方法です。

 

まとめ

 

消費者金融から最短で少額融資を受ける方法についてご紹介してきました。

 

消費者金融から借入する方法だけでなく、別の方法についても解説してきました。

 

もしもあなたが、消費者金融の大手から少額融資を受けていない状態である…。

 

かつ、今すぐにでも少額(10万未満)のお金が必要だということであれば、今すぐ以下のキャッシング会社を確認してください。